TOEICが就活に役に立つと声を大にして言える理由について

TOEIC 就活 役に立つ

 

就活の為に、TOEICに挑戦しようか考えていませんか。
履歴書やエントリーシートには、TOEICの点数を記入できる場合があります。
自分のアピール材料になりますので、就活前に挑戦される方は結構多いです。

 

一方、TOEICは就活に役に立たないという意見もあります。
ですが、僕はTOEICは就活で役に立つを声を大にして言えます。

 

ここでは、TOEICが就活の役に立つと言える理由をお伝えしていきます。

 

TOEICが就活で役に立つ理由とは

 

TOEICが就活に役に立つと言える理由ですが、複数あります。
俗に言う、英語力のアピールというのもあります。

 

TOEICの場合ですが、結果が点数で出ます。
点数ですので、他の方との比較がしやすいです。
受験者も多いので、受験している方が多いというのも大きいです。
少なかったら、比較するのが出来ないからです。

 

個人的には、計画性や積極性をアピールできるというのが大きいです。

 

TOEICというのは、受験したいときに受験できる物ではありません。
スケジュールが決まっており、そこに向けて勉強をすることになります。
また、短期間で急激に点数が伸びるということも無いです。

 

TOEICの点数を持っているということは、計画性や積極性があることを間接的にアピールすることが可能です。

 

更に、点数の上昇度を把握してあるとより良いです。
向上心についてもアピールできるので、採用後に奮闘する姿が想像できるからです。

 

点数が低い場合は逆効果

 

TOEICは終活で役に立ちますが、例外もあります。
見出しにも書いたのですが、TOEICの点数が低い場合は役に立たないです。
逆効果と思った方が良いです。

 

なぜなら、英語力がそれほどないということになるからです。
また、点数を伸ばす為の努力をしていないという解釈も出来てしまいます。
要するに、記入するメリットがないのです。

 

低いのであれば、記入しない方が良いです。
聞かれた場合には「勉強中です」という風に伝えた方が、まだ良いと思います。

 

まとめ

 

TOEICは、就活で役に立つ資格試験です。
英語力以外にも、ビジネスで使える力をアピールできるからです。

 

但し、点数が低い場合には逆効果の場合があります。
間に合うなら今からでも勉強して、点数を上げる方が良いです。

 

TOEICの勉強をするなら、専用のサービスを使うのが効率が良いです。
下記記事でオススメの方法をご紹介しているので、もし興味があればご覧下さい。

 

サラリーマンでもTOEICで800点の壁を突破出来る勉強法ガイド

TOPへ